BLOG

栄養

身体の調子を整えてくれるビタミンとは?

ビタミンにはたくさんの種類があります。

今回はビタミンとはどういう物なのか、その概要をご説明いたします!

各ビタミンの作用は別記事にてご説明いたします。

 

目次

ビタミンとは?

ビタミンは体の正常な機能の維持に必要な有機化合物です。
三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポートしたり、血管や皮膚、粘膜、骨などの新陳代謝を促進したり様々な働きをしています。
3大栄養素に比べて必要量は少なく、微量栄養素と言われていますが、必要不可欠の栄養素です。

体内で合成できないか、合成できても十分な量にはならないので食べ物やサプリメントでの摂取が大事になります。不足すると欠乏症を起こしてしまったり、種類によっては過剰摂取による過剰症を引き起こしてしまうものもあります。

ビタミンといえば果物に豊富と思いがちですが、野菜にも豊富に含まれています。
様々な食品からしっかり適切な量を取ってあげましょう!

ビタミンは全部で13種類

ビタミンは全部で13種類あり、その性質によって4つの「脂溶性ビタミン」と9つの「水溶性ビタミン」に分けられます。

『脂溶性ビタミン』

脂溶性ビタミンは「油脂に溶けて」「水には溶けない」ビタミンです。
体内に蓄える事ができますが、必要以上に摂取しすぎてしまうと過剰症を引き起こしてしまいます。

【種類】
・ビタミンA
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK

『水溶性ビタミン』

水溶性ビタミンは「水に溶けて」「油脂に溶けない」ビタミンです。
脂溶性ビタミンと違い、一度に多く摂取しても必要のない分は尿として体外に排出されるため過剰摂取の心配はありません。体に蓄積されないので1日のうち、定期的に摂取する必要があります。

【種類】
・ビタミンB群(8種類)
・ビタミンC

「ビタミン様物質」とは?

ビタミン様物質とは、ビタミンと似た様な働きを持つ有機化合物のことを言います。
ビタミンとは違い、体内で合成ができ食品から取らなくても欠乏症になりません。ただ、十分に摂取することにより代謝の働きを助けたりしてくれるため、目的によって取ると良い栄養素です。

【主な種類】
・ヘスペリジン(ビタミンP)
・カルニチン
・コリン
・イノシトール
・α-リポ酸
・コエンザイムQ10(ユビキノン)

ヘスペリジン(ビタミンP)

カルニチン

コリン

イノシトール

α-リポ酸

コエンザイムQ10(ユビキノン)

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 身体の調子を整えてくれるビタミンとは?