BLOG

栄養

脂質の代謝を助けるビタミンB2の働き

皆さんビタミンB2は摂取する様にしていますか?

脂質の代謝などに関わるビタミンですので、ダイエットをされる方は特に摂取して欲しいビタミンです!

ビタミンB2の働きや摂取量など、ご紹介しますので是非最後までご覧ください。

目次

ビタミンB2の働き

3大栄養素の代謝を助ける

ビタミンB2は3大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質を分解しエネルギーに変えるときの補酵素として働きます。
これらを多く取られる方は代謝を効率よく働かせるためにも積極的に取ってあげると良いですね。

特に脂質の代謝に関わると言われているので、ダイエットされている方も積極的に取りましょう!

発育促進

ビタミンB2は「発育のビタミン」と呼ばれるくらい子供の発育には欠かせないビタミンです。
粘膜を保護する働きや細胞の再生にも関わるので、口内炎、にきびや肌荒れなどにも効果が期待ができます。

過酸化脂質に分解を助ける

ビタミンB2はグルタチオンペルオキシダーゼという酵素と結合し、過酸化脂質を分解してくれます。
過酸化脂質は不飽和脂肪酸が活性酸素などにより酸化されてできる物質で、老化や生活習慣病の原因になると言われています。

動脈硬化や心筋梗塞などの原因の1つとも言われており、発がん性もある有害物質です。
ビタミンB2は過酸化脂質を分解しますが、ビタミンEは生成を抑えてくれるので組み合わせて摂取してあげると良いです。

不足や過剰摂取すると?

不足してしまうと…

不足してしまうと、口内炎や口角炎などの口腔内のトラブル、ニキビなどの肌のトラブルなどが起こります。
エネルギーの代謝がうまく行われないので、子供の成長障害を起こす事があります。

過剰に摂取してしまうと…

水溶性ビタミンなので、過剰に摂取した分は排泄されるので過剰症の心配はありません。

ビタミンB2を多く含む食材

ビタミンB2を多く含む食材
・レバー
・卵
・カマンベールチーズ
・納豆
・モロヘイヤ
・アーモンド

動物性に多く含まれている

ビタミンB2は肉や魚などの動物性に多く含まれており、レバーに多く含まれています。レバーの中でも特に多くビタミンB2を多く含まれているのが豚のレバーです。

レバーからの摂取がしづらい方は、卵やアーモンドからも手軽に摂取できます。アーモンドは不飽和脂肪酸のオレイン酸も含まれていますので毎日数個摂取してみると良いですね!

ビタミンB2は熱に強いので、加熱しても問題ありません。ただ、光に当たると分解してしまうので光は避けて保存してあげましょう。

1日の摂取量の目安は?

18~29歳:推奨量(男性/1.6・女性/1.2mg)
30~49歳:推奨量(男性/1.6・女性/1.2mg)
50~64歳:推奨量(男性/1.5・女性/1.2mg)
65~74歳:推奨量(男性/1.5・女性/1.2mg)
75歳以上:推奨量(男性/1.3・女性/1.0mg)

※厚生労働省参考

体内に溜まる事ができないため、1日に数回に分けて摂取しましょう。

最後に

ビタミンB2はエネルギーの代謝に関わります。代謝を正常に働かせるためにも必ず取っておきたい栄養素です。

たくさんのビタミンを食事から摂取するのはなかなか難しいので、ビタミンがまとめて取れるサプリメントがオススメです。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 脂質の代謝を助けるビタミンB2の働き